アクティーネットワークの魅力

  • キャリア制度

    アクティネットワーク社では、中途で入社した社員も数多く活躍しています。

    詳しくはこちら

  • 社内制度

    アクティネットワーク社では、中途で入社した社員も数多く活躍しています。

    詳しくはこちら

  • 福利厚生

    各種研修などを行い、改めて存分に能力を発揮して頂く事ができます。

    詳しくはこちら

  • 代表メッセージ

    従業員一人ひとりが会社の人財です。

    詳しくはこちら

キャリア制度

社内ベンチャー制度

社内ベンチャー制度は、硬直化した既存の組織では難しい、新しい有望な事業を社内で育てるための制度です。小規模単位の組織(チーム)に社内ベンチャーを任せることによって、イノベーションの芽を増やすことができます。社内ベンチャー組織には、まるで独立企業のように予算と大幅な権限が与えられます。社内ベンチャーを有効に機能させるには、なんといっても卓越したリーダーシップとマネジメント能力を併せもつ人材が欠かせません。

各種研修制度

社内の各部署と、他職種の仕事を見学、体験してもらいます。
部署の垣根なくチームとして働くための基盤となる、他部署の業務内容の理解、他職種の役割と連携を学び、全体像を知ることで、自分の仕事が他部署とどう連動しているのかを考えながら、仕事に取り組むことができるようになります。

3年で課長

年齢も社歴も関係なく、実力のある人を随時登用します。実力があるのに4月の人事異動まで待たなければ。
何年待たなければ。なんて、そんなじれったい思いはさせません。
1年で現場リーダー(主任)、2年で部署副責任者(係長)、3年で部署責任者(課長)になることも可能です。
その先も事業部責任者、経営的ポジションがあります。
ただし、随時登用するということは、責任者になったからといって安泰ではない。という意味でもあります。
いい意味で危機感とライバル意識を持って、切磋琢磨できる仕組みです。

前倒し・抜てき人事

吸収力や成長力、意欲のある人には、実績や実力は後追いで、プロジェクトや部署の運営を体験してもらうことがあります。
今のポジションから少し背伸びして見える景色を体験することで、潜在能力を引き出し、通常以上の成長を期待する。
「失敗を恐れずチャレンジし、成長の糧とする」当社の社訓の一文を体現化した仕組みです。

リバイバル人事

ライフステージごとに、仕事に打ち込める状況や、やむなく第一線を退かなければならない状況があります。
第一線を退いたら、そこでキャリアも終わり。ではなく、第一線を退いたとしても、状況が変わったら復帰して、改めて存分に能力を発揮して頂くことができます。

社内制度

他部署研修

社内の各部署と、他職種の仕事を見学、体験してもらいます。
部署の垣根なくチームとして働くための基盤となる、他部署の業務内容の理解、他職種の役割と連携を学び、全体像を知ることで、自分の仕事が他部署とどう連動しているのかを考えながら、仕事に取り組むことができるようになります。

小集団活動

部署横断的なメンバーで構成し、次期幹部会などの実践的な小集団から、いきものがかり委員会などのクラブ活動的な小集団まで様々な活動をしています。組織運営のシミュレーションや自部署内のタテだけではない、ヨコとナナメの人脈づくりなどの組織活性化にも一役買っています。

360度(多面)評価

上司や部下、他部署など、多方向からの評価を受けることで、被評価者はセルフイメージのギャップを知り、評価を基にして自身を見つめ直し、改善を促す機会となり、評価者は被評価者に対して「何を期待しているのか」に気付いたり、「人を評価すること」の責任の重さや難しさを知り、また人を評価することを通じて「自分も評価」し、自身を見つめ直す機会となり、また被評価者・評価者の管理監督者は自分が見えていない部分を把握し、把握した内容を基にして、指導、育成の参考や、軌道修正のきっかけとする。など、上司→部下の一方通行にならない評価を行っています。

社長とランチ

社長と数人の社員でランチを共にし、色々なことを話し合う場です。
真面目な話し、他愛もない話しなどを通して、将来のビジョンや経営者の考えを知ったり、仕事の悩みを打ち明けたり、自己アピールをしたり、トップと本音で語れる機会を設けています。

読書奨励制度

毎月、テーマに沿った本や時事からレポートを作成し、得た知識を仕事へと昇華させ、また相互に読んで他の人の考えを知るとともに、投票をして表彰も行っています。コミュニケーションのきっかけとしても活用されています。

福利厚生

海外社員研修旅行

毎年1回、実施しています。
当社の社員研修旅行、基本的に行程はオールフリーです。会社が用意するのは往復の航空券とホテルのみ。
初めて海外に行く人は、何もかもが不安なもの。出入国審査、現地での移動、食事、買い物、観光など、回数を重ねるごとに自分で出来ることが少しずつ増え、行動範囲も拡がる。出来合いの「観光旅行」では出来ない体験をすることで、成長を感じ、また、「ニッポン」を別の視点から見ることが狙いでもあります。

保養施設「脊振山荘」

佐賀県の脊振山麓に保養・研修施設「脊振山荘」があります。
社員や家族の健康管理、保養を目的として、また研修を通して、チーム力の向上、仕事の士気向上にも繋がっています。
福岡市内から車で約1時間。脊振山麓別荘地のロッジ風山荘。
15畳のLDK、7畳と6畳の洋客室と12畳のロフト。ウッドデッキはバーベキューも楽しめる広さ。敷地内には畑もあり、野菜などの収穫もできます。また、目の前には小川が流れ、川遊びもできます。
大人8名まで宿泊でき、駐車場は普通車で7台まで駐車可能なので、大勢での宿泊、研修などにも対応できます。

フロア居酒屋

各部署にて行われ、月1回程度の不定期開催ですが、終業後に軽食とビール1,2本程度で行う、ちょっとした懇親会のようなものです。
本物の居酒屋では人数が限られてしまいますし、大人数では宴会のように仰々しくなってしまい、何より上司も懐が痛い。アルコールが苦手な方や、付き合いが苦手な方にも気軽に参加していただけるよう、社内でカジュアルに行っています。年に2回程度、全社規模で行うこともあります。

バースデープレゼント

ある社員が誕生日に誰からもプレゼントをもらわなかった。という話しを社長が聞き、その社員にプレゼントを贈ったのが始まりです。
バースデーカードに添えて贈り物があります。また、誕生日を機に一年を振り返り、「人生」について年に一度でもしっかりと考えて欲しい。
という想いを込めて、誕生日を有給休暇の取得促進日としています。

忘年会

飲食店を貸し切って、全従業員で大いに飲んで食べて笑って、お互いの労を労います。
小集団活動の一つである「イベント委員会」が企画、実行し、コスプレあり、ゲームあり、豪華賞品あり。社内イベント好きの当社を象徴すると言っても過言ではない、一大イベント。そして、来年の希望を語り合う「望年会」でもあります。

代表者挨拶

今、当社の前には大きなチャンスがあります。アドテクノロジーの更なる進化、ソーシャルメディアの台頭、サイネージや電子書籍に代表されるマスメディアのデジタル化、EC市場の成長など、当社にとってインターネット事業に軸足を移した時以上の大きな変革の波が来ています。
幸いにも当社はこれらデジタルマーケティング市場を制しうる武器を持っています。この波を活かし更なる革新を起すべく、今まで以上のチャレンジをしていく思いです。

また、当社には重要なこだわりがあります。
それは「一人ひとりが社長」という企業哲学を体現した組織であること。
一人ひとりが自らの責任において行動し判断できる決裁者であり、そんな社員の集合体である会社こそ最強の組織になると考えております。
そのため、当社の組織人事戦略は企業哲学を実践できるような、主体性に考え自ら動ける社員に最高の環境を提供することを目的としております

・最高の環境とはチャレンジができること

・実績や信頼によって職務内容・職務範囲・裁量権限が拡大していくこと

・結果として報酬が上がるなどを目指しております。

チャレンジを推奨・支援する企業文化があり、これからもより社風を強めていく事をお約束します。
未来を見据えながら常にチャレンジし続ける、そういう企業グループでありたいと思っています。

 

株式会社アクティネットワーク社 代表取締役社長 榮 正広

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena